RRR 1995年12月号

1995.12 Vol.52 No.12

コラム
 コンクリート舗装と軌道構造の技術開発
長滝 重義 (3)
グラフィック・レポート
 ラダー型マクラギを敷設する
(22)
特集:コンクリートマクラギ新時代
 プロローグ架線を創る(8)
 横マクラギ、そしてラダー型へ(10)
 進歩するマクラギ設計法(14)
 ラダー型マクラギを解剖する(18)
 鉄車輪/レール系の最適化をめざして(24)
 
テクノ・ノート
 台車シリーズ3
駆動装置
秦 広 (4)
 
リサーチダイジェスト(29)
 
  • 軌道構造の動特性モデルの構築
  • 防振形レール締結装置の開発
  • レールシェリング予防削正効果に関する実験時研究
  • 低廉型既設線用舗装軌道の開発
  • 曲線部の通り狂い整備目標値の設定方法
  • 新幹線車両の動特性を考慮した軌道管理手法
  • レール溶融溶接部折損防止のための超音波探傷検査
  • Mnクロッシングとレールの現場溶接法の開発
  • 新軌道構造の技術的経済的可能性
  • 高速鉄道の線形基準に関する調査
  •  
    こぼれ話
     建設と保守(リニアと新幹線)
    橋本 渉一 (6)
    総研ニュース(34)
    くにたち(36)


    Copyright(c) 1995 Railway Technical Resarch Institute