RRR 1998年7月号

1998.7 Vol.55 No.7

研究最前線
 (財)ファインセラミックセンター・JFCC
テクノデモクラシー宣言

−専務理事、柳田博明氏に聞く−
(2)
特集:鉄道の保守に貢献する材料技術
 保守改善に向けた材料関連技術開発
長瀬 隆夫 (8)
 スラブ軌道補修用合成樹脂てん充材
−小間隙補修用高性能液状樹脂の開発
鈴木 実 他 (10)
 消耗部材の長寿命化
−特にブレーキ材について−
辻村 太郎・宮内 瞳畄 (14)
 高速化、省メンテナンス化に寄与する合成ギヤ油
中村 和夫 他 (18)
 コンクリート構造物の酸劣化を診断する
上田 洋 (22)
 耐シエリング用ベイナイトレールの開発
佐藤 幸雄 (26)
 軸受の信頼性向上とメンテナンスの省力化
池田 博志・永友 貴史 (30)
リサーチダイジェスト(35)
 
  • トロリ線波動が接触力変動に与える影響
  • パッシブな舟体揚力抑制機構を持つ低空力音パンタグラフの開発
  • 軌陸車を用いた電車線検測
  • 亜鉛めっき鋼より線腐食劣化判定装置の開発
  • き電線検査ロボットの開発
  • 交流き電線保護継電器の開発
  • 阪神・淡路大震災における変電設備被害分析と耐震設計
  • 電気鉄道における回生有効率の予測の研究
  •  
    散歩道
     OAシステムの回想とこれから
    二階堂 徳也 (33)
    くにたち(39)


    Copyright(c) 1998 Railway Technical Resarch Institute