RRR 1999年3月号

1999.3 Vol.56 No.3

研究最前線
 摩耗現象の素過程の解明に挑む
−研究の基本は螺旋です−

千葉大学工学部、三科助教授に聞く (2)
 
特集:最近の集電関係技術
 軌陸車による電車線検測システム
久須美 俊一 (10)
 トロリ線の許容温度の向上
小比田 正 (14)
 架線の波動伝播解析と集電性能改善手法の研究
真鍋 克士・網干 光雄 (18)
境界問題を探るA
 トロリ線とパンタグラフすり板の摩耗
菅原 淳 (8)
鉄道におけるエコロジー No.2
 環境マネジメントシステム規格(ISO14001)
野澤 浩之 (22)
人を測る その2
 体力低下、そして居眠り事故
水上 直樹 (24)
リサーチダイジェスト(28)
 
  • 基礎の耐震性能と耐震設計法
  • 直接基礎の耐震設計
  • ケーソン基礎の耐震設計
  • 杭基礎の耐震設計
  • 抗土圧構造物の耐震設計
  • 盛土の耐震性能と耐震設計
  • 開削トンネルの耐震性能と耐震設計
  • 大型基礎の耐震設計
  •  
    散歩道
     一隅を照らす
    長沢 広樹 (26)
    くにたち(32)


    Copyright(c) 1999 Railway Technical Resarch Institute