RRR 2002年10月号

2002.10 Vol.59 No.10

特集:境界問題
 境界問題はどこからきたか
鈴木 康文 (2)
 走る電気接点
−架線とパンタグラフとの相互作用と接触力
池田 充 (4)
 空気が列車を揺らす
−空気力と車両動揺の関係について
鈴木 昌弘・藤本 裕 (8)
 車輪を思い通りに転がす
−車輪とレール間の粘着力特性と潤滑
石田 誠・伴 巧・前橋 栄一 (12)
 車輪フランジとレールゲージコーナの摩耗を減らすには
金 鷹・藤本 裕 (16)
 レールと車輪の電気的な短絡を考える
福田 光芳 (20)
 車両走行により生じる構造物音を解く
奥田 広之 (24)
 免震構造が地震力を和らげる
−軌道・構造物間の地震時相互作用
村田 清満・池田 学・行澤 義弘 (28)
 安全で使いやすく
−鉄道における人とシステムの接点
鈴木 浩明 (32)
 
環境科学シリーズ(5)
 刺激の効用「ホルミシス」小穴 孝夫 (36)
 
リサーチダイジェスト(38)
 
  • 新幹線土木構造物のLCA
  • 東海道新幹線のLCA手法による環境負荷の基礎的検討
  • 新幹線電車と走行エネルギー −CO2排出量抑制方法−
  • 貨物鉄道の環境負荷評価
  • 鉄道と他交通機関の環境負荷分析
  • 鉄道車両用高分子材料のリサイクル
  • すり板及びブレーキライニングのリサイクル方法の検討
  • くにたち (42)


    Copyright(c) 2002 Railway Technical Resarch Institute