RRR 2002年12月号

2002.12 Vol.59 No.12

特集:社会に役立つ鉄道総研の技術
 鉄道総研の研究開発と実用技術
垂水尚志 (2)
 研究開発成果の実用化
野口 達雄 (3)
 車両の性能向上のために
手塚 和彦・潤賀 健一 (4)
 コストダウンを図る構造物に関する新技術
村田 修 (8)
 将来を見据えて進める電力関係技術開発
中道 好信 (12)
 環境に優しくメンテナンスの少ない軌道のために
高井 秀之 (16)
 安価で効果的な防災・地盤環境の対策を目指して
藤井 俊茂 (19)
 列車制御の安全を支える信号通信技術
高重 哲夫 (22)
 業務の効率向上、サービス向上を目指して
田中 幹夫 (26)
 新たな機能材料の実用化を目指して
上山 且芳 (29)
 研究成果による開発製品
熊谷 敏雄 (32)
 
シリーズ
鉄道総研の実験設備 (2)
 レール疲労試験設備/2円筒転がり接触試験機(34)
 
リサーチダイジェスト(36)
 
  • 音響インテンシティ法による台車部の音源分離
  • 反射板とマイクロホン配列による音源分布計測装置
  • 新幹線用防音壁の形状に関する研究
  • 拘束型磁性制振材を貼付した平板の曲げ振動解析
  • 拘束型磁性制振材による鋼鉄道橋の振動低減
  • 複数車種の突入を考慮したトンネル入口緩衝工長さの算出法
  • 鉄道の近接する大規模建物の振動伝搬特性
  • 生物を用いた土壌汚染モニタリング手法の開発
  • 環境負荷低減型塗替え塗装系の開発
  • 鉄道総研ニュース (41)
     
    くにたち (42)


    Copyright(c) 2002 Railway Technical Resarch Institute