鉄道総研報告2005年11月号

第19巻 第11号


特集:材料技術
展望解説
 鉄道用材料に関する研究開発動向
辻村 太郎 (1)
 
特集論文
 老朽トンネルの覆工における粗骨材剥離の発生機構と対策
西尾 壮平・佐々木 孝彦・小島 芳之・藤原 申次・半谷 公明 (5)
 
 トンネル内鉄バクテリア汚泥の発生抑制法
上原 元樹・佐々木 孝彦 (11)
 
 クリープ変位を低減させた円錐積層ゴム式軸ばねの開発
鈴木 実・間々田 祥吾・半坂 征則・下村 隆行・伊藤 幹彌 (17)
 
 車軸軸受の内輪クリープによる損傷プロセスの検討
永友 貴史・David G. Toth (23)
 
 高潤滑性焼結合金パンタグラフすり板の開発
半田 和行・久保 俊一・土屋 広志 (29)
 
 車輪/レールの摩擦緩和システムの検討
伴  巧・青木 宣頼・石田 誠 (33)
 
 車両用超電導主変圧器巻線の構造検討と特性評価
上條 弘貴・秦  広・山田 尚生・讃岐 育孝・岩熊 成卓・船木 和夫 (39)
 
 ステップ法による高温超電導バルク体の大型化
尾作 仁司 (43)
 
 走査型ホール素子法のよる材料評価技術の基礎検討
藤本 浩之・森 久史 (49)
 

Copyright(c) 2005 Railway Technical Research Institute