鉄道総研報告2006年11月号

第20巻 第11号


特集:鉄道力学
展望解説
 境界領域のダイナミクスに関する課題と展望
鈴木 康文 (1)
 
特集論文
 舟体と舟支えの空力干渉緩和によるパンタグラフ空力音の低減
池田 充・小山 達弥・鈴木 昌弘 (5)
 
 パンタグラフ接触力を用いたトロリ線の摩耗とひずみの推定
臼田 隆之 (11)
 
 防振性能を向上した一軸台車の走行特性解析
飯田 浩平・宮本 岳史・石田 弘明 (17)
 
 車輪およびレールの摩擦係数測定装置μテスタの開発
前橋 栄一・飯田 浩平・西山 幸夫 (23)
 
 レールきしみ割れ発生原因についての調査と解析
金   鷹・石田 誠・青木 宣頼 (29)
 
 軌道構造変化箇所における不同沈下抑制対策の評価
名村 明・鈴木 貴洋 (35)
 
 バラスト・ラダー軌道の座屈安定性に関する解析的検討
浅沼 潔・奥田 広之・松本 信之・涌井 一・冨田 耕司 (41)
 
 高橋脚・長スパン鉄道橋梁の地震時列車走行性とその改善方法
曽我部 正道・池田 学・柳澤 良和 (47)
 
国際会議報告
 CM2006におけるレールと車輪の接触に関する主な課題
陳   樺 (53)
 

Copyright(c) 2006 Railway Technical Research Institute