鉄道総研報告2007年2月号

第21巻 第2号


特集:材料技術
展望解説
 鉄道材料の最近の研究開発動向
辻村 太郎 (1)
 
特集論文
 コンクリート中の鉄筋腐食速度と浮き・はく離発生の推定手法
飯島 亨・工藤 輝大 (5)
 
 珪藻土が混和されたトンネル覆工コンクリートの劣化特性
上田 洋・西尾 壮平・松田 芳範 (11)
 
 鋼構造物のき裂検知に用いる導電性表面材の開発
田中 誠・坂本 達朗・江成 孝文・鈴木 実 (17)
 
 鋼構造物騒音の部材ごとの寄与度解析および対策材料の検討
半坂 征則・杉本 一朗・長倉 清・間々田 祥吾 (21)
 
 遮断機能を有するレール防音材の開発
間々田 祥吾・半坂 征則・佐藤 潔・鈴木 実 (27)
 
 車軸軸受の圧痕起点はく離の実験的検討
池田 博志・永友 貴史・岡村 吉晃・佐藤 康夫・山本 勝太 (31)
 
 カーボン系すり板接着舟体の接着面温度の検討
森本 文子・土屋 広志・久保 俊一・久保田 喜雄 (35)
 
 複合表面改質法による車輪鋼の摩耗低減効果
松井 元英・柿嶋 秀史・森 久史・佐藤 幸雄・岩渕 研吾 (39)
 
 産業連関表による各種運輸機関の環境負荷評価
相原 直樹・森本 文子・辻村 太郎 (45)
 
 高温超電導バルク体を用いた無制御浮上方式の浮上力向上策
上條 弘貴・鈴木 聡一郎・高尾 智明 (51)
 

Copyright(c) 2007 Railway Technical Research Institute