鉄道総研報告2007年6月号

第21巻 第6号


特集:軌道技術
展望解説
  軌道技術開発20年の歩みと今後の方向性
高井 秀之 (1)
 
特集論文
  改良形接着絶縁レールの開発
若月 修・片岡 宏夫・小佐野 浩一・阿部 則次 (5)
 
  保守省力型ポイントガードの開発
及川 祐也・吉田 眞・柳川 秀明・岩佐 裕一・柳沢 有一郎・佐古 武彦 (11)
 
  累積損傷度理論によるバラスト軌道の沈下予測手法
関根 悦夫・石川 達也 (17)
 
  短繊維補強コンクリートの軌道スラブへの適用に関する検討
高橋 貴蔵・関根 悦夫・堀池 高広・松岡 茂・保城 秀樹 (23)
 
  路床剛性がコンクリート路盤の変形特性に及ぼす影響
中村 貴久・桃谷 尚嗣・高橋 貴蔵・関根 悦夫 (29)
 
  重荷重に対応した貨物設備用アスファルト舗装の設計方法
桃谷 尚嗣・関根 悦夫・中薗 裕 (33)
 
  軌道形状の経時変化把握のための検測データの位置補正
神山 雅子 (39)
 
  レールボンド接合部の品質検査法と耐久性試験法の提案
設楽 英樹・堀 克則 (45)
 
  車輪/レール摩擦緩和システムの開発
緒方 政照・伴  巧・深貝 晋也・石田 誠・名村 明 (51)
 

概要をご覧いただく場合は、Adobe Readerが必要です。

Copyright(c) 2007 Railway Technical Research Institute