特集:軌道技術

第26巻 第2号

2012年2月号



展望解説
軌道構造の設計手法の変遷と今後の展望
古川 敦 (1)
831KB



特集論文
車体装架型慣性正矢軌道検測装置の開発
坪川 洋友・矢澤 英治・小木曽 清高・南木 聡明 (7)
1000KB

レールおよび道床状態を考慮した軌道保守方法の最適選択モデルの構築
三和 雅史・木村 寛淳・山中 雅司 (13)
1000KB

新幹線に対応したプレパックドコンクリート道床の開発
高橋 貴蔵・伊藤 壱記・渕上 翔太・桃谷 尚嗣 (19)
1200KB

軌道構造境界部における軌道沈下対策の効果比較
村本 勝己・櫻井 祐 (25)
1800KB

レール頭部横裂の進展予測手法の構築
細田 充・片岡 宏夫・小谷 隼・弟子丸 将 (31)
1500KB

急曲線部における線ばね形レール締結装置の適用区分の提案
弟子丸 将・本野 貴志・片岡 宏夫・若月 修 (37)
834KB

腐食環境における線ばね形レール締結装置の表面処理方法の選定
本野 貴志・片岡 宏夫・弟子丸 将・坂本 達朗 (41)
1900KB



一般論文
湿潤条件下の車輪とレール間の粘着係数に影響を及ぼす因子
陳 樺・伴 巧・石田 誠・中原 綱光 (45)
1100KB


概要、要旨をご覧いただく場合は、Adobe Readerが必要です。

Copyright(c) 2009-2012 Railway Technical Research Institute