走り装置研究室

Running Gear

台車のばね・ダンパの特性をソフトウェアで自由に変えられる可変特性試験台車や、曲線走行時の遠心力による影響を緩和して乗り心地を向上する振子制御システム、曲線走行時に生じる車輪・レール間の横圧を低減して走行安全性を向上するアシスト操舵システム、振動を抑制して乗り心地を向上する上下制振制御システム、台車の健全性を監視するモニタリングシステムなどの開発に取り組んでいます。また、台車特性に関する試験の実施や指導、評価も行っています。

研究開発

ハイブリッドシミュレータによる車両運動特性評価法の開発

シミュレーションと実物を連動させるHILS技術を応用し、本線走行試験を実験室で行う研究を進めています。

振子制御システムの開発

制御付き振子車両のさらなる性能向上と、乗り心地改善を図るための要素技術開発を進めています。

振子制御用の応答性の高い空気圧アクチュエータ

高い制御応答性を有し、振子ダンパの機能も合わせもつ、振子制御用の空気圧アクチュエータを開発しました。

可変減衰軸ダンパを用いた上下制振制御システム

軸箱と台車枠の間 (1次ばね系) の減衰を制御することにより車体の曲げ振動を低減するシステムを開発しました。

可変減衰上下動ダンパを用いた制振制御システム

台車枠と車体の間(2次ばね系)の上下方向の減衰を制御することにより乗り心地を向上するシステムを開発しました。

空気ばねの減衰制御システム

空気ばねの絞り開度を制御して、車体の上下振動を低減するシステムを開発しました。

ボルスタレス台車用アシスト操舵システム

曲線走行中の幾何学変位(ボギー角)に応じて機械的に操舵制御を行うフェールセーフ性の高い操舵システムです。

ボギー角連動操舵台車用アシスト操舵システム

フェールセーフ性が高いアクチュエータを備えた操舵システムで、ボギー角連動操舵台車の曲線通過性能を向上します。

自律型台車健全性監視システム

台車内の要所に自律的な監視機能を配置することで、走行安全性に関わる項目を監視するシステムを開発しています。

実験設備

車両用空気ばね試験装置

車両走行時と同様に空気ばねを6自由度に加振し、発生力を測定できる装置で、シミュレーションと連動 (HILS) できます。

車両用ダンパ試験装置

車両走行時と同様にダンパを6自由度に加振し、発生力を測定できる装置で、シミュレーションと連動 (HILS)できます。

動揺負荷試験装置

振子車両や空気ばね車体傾斜車両などの車体傾斜動作を模擬できる、実物大の試験装置(車両断面モデル)です。

高速車両試験台

車両の走行状態を定置で再現する装置です。高速走行状態、軌道変位による応答などを模擬できます。

動電式振動試験装置

振動発生機および水平加振台から構成され、鉄道車両用品等の供試体を垂直又は水平方向に加振することができます。

PAGE TOP