鉄道車両用セミアクティブサスペンション

セミアクティブサスペンションは高速走行時でも良好な乗り心地を提供するために開発したもので、車体の揺れを加速度センサで検知し、台車と車体の間に取り付けた「可変減衰ダンパ」という部品を高速で制御して、振動を抑制する抵抗力を発生させて乗り心地を改善します。

新幹線のように高速で走行する列車では、台車から車体に伝わる振動と、空気力で直接車体が揺らされる振動が同時に起こります。これらの振動を抑える方法は正反対であり、前者では台車と車体の間の動きに対する抵抗力を弱くして、車体に伝えないようにしますが、後者は反対に抵抗力を大きくし、台車を支点に車体の揺れを止める必要があります。このため、走行速度が上がると、一般的な減衰力特性が一定のサスペンションでは両方に対応することができなくなり、揺れが増加します。 

この装置は高速走行時でも良好な乗り心地を提供するために開発したもので、車体の揺れを加速度センサで検知し、台車と車体の間に取り付けた「可変減衰ダンパ」という部品を高速で制御して、両方の振動を抑制する抵抗力を発生します。横揺れを30%以上小さくする能力があり、平成8年に開発してから、多くの新幹線で採用されています。

初期のものは、段階的に減衰力を高速電磁弁で切り替える方式でしたが、その後、無段階で制御できる小型・低コストの方式を開発し、新型車両に採用されました。また、この方式は既存車両への取り付けが簡単なため、順次、既存車両への取り付け改良が行われています。

図 セミアクティブサスペンション
PAGE TOP