車両制御技術研究部

Vehicle Control Technology Division

車両制御技術研究部の概要

車両制御技術研究部には「駆動制御」、「水素・エネルギー」、「動力システム」、「ブレーキ制御」の4研究室があります。車両の次世代制御について研究開発しています。

車両制御技術研究部の紹介

車両制御技術研究部は鉄道車両が走る・止まるために必要となる機器および制御の研究開発を行っています。車両が走るためには、乗り心地良く、できるだけエネルギーを使わずに車両を加速し、止まるためには高速から安定した減速度が得られるブレーキが必要です。これらを実現するため空転制御向上、高効率なパワートレインの提案、バッテリー技術の適用、消費エネルギーの評価及び省エネ運転の提案、ディスクブレーキの性能向上、高速対応空力ブレーキなどの研究開発を強力に進めていきます。また、水素利用に関する技術開発を推進し、快適かつ利便性が高い鉄道システムとエネルギー持続社会に貢献していきます。

車両制御技術研究部長 山本貴光

研究室と担当分野

  • 駆動制御研究室

    車両の省エネルギー・蓄エネルギーシステム、空転・滑走再粘着制御、車両用電子機器の劣化、EMCなど電気車関係一般。

  • 水素・エネルギー研究室

    燃料電池車両をはじめとする水素利用技術、新エネルギー、車両のエネルギー消費評価。

  • 動力システム研究室

    新エネルギー・ハイブリッド・ディーゼル等の車両のシステム、モータ・インバータ・エンジン等の機器に関する研究開発。鉄道騒音・振動の測定方法の開発や評価。

  • ブレーキ制御研究室

    通勤電車・貨物列車から高速新幹線電車まで、ブレーキシステム全般にわたる技術開発や評価。

研究部の直轄テーマ

PAGE TOP