長時間使用可能な寒冷地向け標識灯

寒冷地向けに貨物列車用の後部標識灯の長寿命化を目指し、ヒータONの状態で電池で100時間駆動する標識灯を開発しました。

1.開発の概要

寒冷地における貨物列車の最後尾には降雪時の視認性を確保するため充電池と凍結防止ヒータを内蔵した後部標識灯が使用されています。現用標識灯の連続使用時間は−20℃において30時間であり、長距離貨物列車の増加や省力化の面から、長時間取り替え無しで使用可能な後部標識灯が求められています。そこで、連続使用可能時間96時間(-20℃)を目標にし、小型軽量化、保守性といったことについても配慮した後部標識灯を開発しました。

2.標識灯の構成と試験結果

リチウムイオン電池と超高輝度LED、DC-DCコンバータを組み込んだ新標識灯(図1)は重量は3割減少し、奥行きは50mm小さくなり、−20℃下において連続使用時間100時間以上が可能になりました。これは北海道から九州までの距離を取り替えずに一往復できる時間に相当します。さらに、充電時間の半減、リフレッシュ放電の省略や補液充填の省略、横置きが可能になりました(表1)。価格は現用品の2倍程度と想定していますが、連続使用時間が3倍に延びることにより標識灯の保有個数が大幅に削減できること、取り替え・保守の人件費節約や停車時間が減少する効果もあるため、トータルコストは減少すると考えられます。

図1 寒冷地向け新標識灯
表1 現用品との仕様比較

参考文献

  1. 廿日出悟、長田実:長時間使用可能な貨物列車用標識灯の開発、鉄道総研報告、第20巻、第7号、pp.29-34、2006.07
PAGE TOP