動力システム研究室

Drive systems

動力システムでは、電気車の主電動機や電力変換装置及び内燃車のエンジンや変速機など駆動システム全般の研究開発を担当しております。
省エネの推進や環境負荷の低減に向けて、最近では、鉄道車両の消費エネルギーの推定手法、車輪や駆動系の騒音・振動の低減対策に関する研究開発に取り組んでおります。

研究開発

振動による駆動用機器の状態監視法の開発

エンジンやモーター等の駆動用機器を対象として、振動による状態監視法を開発しています。振動をオクターブバンド分析した結果を蓄積し、機械学習の方法を応用することで、異常検知や劣化評価を可能にすることを目指しています。

新材料(FCD900)歯車を用いた歯車騒音低減対策の研究

新材料による低騒音歯車の開発や、実車歯車の振動及び騒音解析シミュレーション手法について紹介します。

電車駆動用モーターの高効率化

インバータ電車のさらなる省エネルギー化をめざし、電車駆動用モーターの高効率化のための研究開発を行っています。

鉄道車両のエネルギー消費原単位簡易計算法

鉄道事業者における省エネ計画作成を支援するために、車両のエネルギー消費原単位の簡易計算法を開発しました。

ディーゼル車両用消費エネルギー計算システム(Decoes)

排ガス排出量や燃料の消費量を推定する「ディーゼル車両用消費エネルギー計算システム」を開発しました

気動車用燃費モニタ装置

省エネ運転の検討などを支援するため、気動車の制御情報を利用して簡易に燃料消費量を計算・表示するモニタ装置を開発しました。

気動車の空転制御技術

急勾配区間での加速力確保のため、気動車の粘着力を最大限に有効利用することを目指した空転制御の研究・開発に取り組んでいます。

実験設備

ディーゼル車両(キハ30)

効率の良い動力伝達装置の研究開発や、効果的な空転・滑走制御手法に関する試験などに使用しています。

内燃機関性能試験機

気動車用エンジンを単体で運転することが可能で、エンジン出力の測定を始め、排ガスやエンジンの振動等に関する調査に使用しています。

車両駆動用インバータ装置

電車駆動用モーター制御やハイブリッドシステム構成機器間の協調制御に関する研究開発や、各種走行試験などに使用しています。

PAGE TOP