ラーメン高架橋のリニューアル工法の開発

ラーメン高架橋の耐久性や耐震性の向上を目的とした、梁、スラブおよび高欄の補修・補強工法を開発しました。

1.はじめに

近年、鉄筋コンクリート(RC)構造物は老朽化が進み、耐荷力の低下やコンクリート片のはく落による第三者被害などが課題となっています。その課題を解決するために、鉄筋コンクリートラーメン高架橋の、梁、スラブおよび高欄の補修・補強工法の開発が求められています。

2.既設高架橋梁の補強工法の開発

耐久性や耐震性向上のために大規模な改修が必要となった場合、鉄道施設しての機能を維持しつつ、施工が可能なリニューアル技術がもとめられています。そこで、ラーメン高架橋を対象として、施工性に優れた梁補強工法であるアーチサポート工法を東急建設(株)と共同で開発しました(図1)。

3.既設高欄の補修・補強工法の開発

鉄筋コンクリート高欄やブロック高欄は、老朽化や列車の高速化に伴う遮音性不足に対応するために、嵩上げや補修・補強が必要となる場合があります。そこで、高靭性セメントボードを用いた高欄の補修・補強工法を(株)大林組と共同で開発しました(図2)。 さらに、「高靭性セメントボードを用いた高欄等の補修工法に関する設計・施工指針」を発刊しました。

4.劣化した高架橋スラブの補修・補強工法

老朽化や列車の高速化に伴う振動や騒音の増加に対応するために、超高強度繊維補強コンクリート(UFC)ボードならびにデッキプレートを用いた高架橋スラブの補強工法を東急建設(株)と共同で開発しました(図3)。本工法は、従来の全断面修復工法に比べて大掛かりな足場を必要としないため施工性を向上でき、大幅な耐力向上が期待できます。

図1 アーチサポート工法の概要
図2 高欄の補修・補強工法の概要
図3 スラブの補強工法の概要

関連ページ

参考文献

  1. 仁平達也、笠倉亮太、黒岩俊之、前原聡、岡本大:超高強度繊維補強コンクリート板を用いた鉄道RCラーメン高架橋中間スラブ補強工法の開発、第14回 コンクリート構造物の補修、補強、アップグレードシンポジウム、pp.453-460、2014.10
  2. 白井貴之、笠倉亮太、渡辺勉、仁平達也:超高強度繊維補強コンクリートによるRCスラブの補強工法の開発、コンクリート工学年次論文集、Vol.36、No.2、pp.1243-1248、2014.07
  3. 鉄道総合技術研究所:高靭性セメントボードを用いた既設鉄道高欄等の補修工法に関する設計・施工指針、2013.03
  4. 鉄道総合技術研究所:既存鉄道コンクリート高架橋梁の耐震補強設計・施工指針 アーチサポート工法編、 2010.11
PAGE TOP