あと施工アンカーの設計法の開発

あと施工アンカーの設計体系を現行の許容応力度法から部分安全係数を用いた限界状態設計法へ移行するとともに、狭隘箇所での施工や長期持続荷重を受けるあと施工アンカーの設計法を提案しました。

1.はじめに

あと施工アンカーは、コンクリート構造物の補強や付属物の取り付けなどに広く用いられている技術です。そのため、あと施工アンカーは様々な部位に多様な方法で使用されていますが、各種条件下における引張耐力の評価法や安全余裕度は必ずしも明確にはなっておりません。また、近年あと施工アンカーの信頼性が社会的な問題となっており、施工位置や使用方法などの施工条件に配慮した設計体系の構築が求められています(図1,図2)。

2.狭隘箇所に適用する場合の設計法の提案

あと施工アンカーは、アンカーの間隔やコンクリート縁端部におけるへりあき寸法が大きく確保できない狭隘箇所への施工が想定されます。改訂手引きでは、アンカー間隔が近接する場合、ヘリあき寸法が小さい場合およびそれら複数の要因が同時に影響する場合の引抜き耐力の算定法を提案しました(図3)。

3.適用条件に応じた設計法の提案

設計における性能規定化を踏まえ、あと施工アンカーにおいても破壊に関する限界状態に応じた設計法に改訂することが求められています。そこで、適用部位や荷重条件、さらには構造物の重要度に応じた設計区分を設定し、設計区分ごとに各種安全係数の組み合わせを用いる設計法を提案しました。

4.設計・施工の手引きの発刊

これまでの研究により提案した設計法や設計・施工で得られた知見・経験をまとめて、『あと施工アンカーの設計・施工の手引き』として、現行手引きの改訂版を作成しました。

図1 接着系アンカー
図2 金属系アンカー
図3 アンカー近接、ヘリあき寸法の影響

参考文献

  1. 三倉寛明,田所敏弥,岡本大,笠裕一郎:あと施工アンカーの引抜耐力におよぼすへりあき寸法とアンカー間隔の影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.39,No.2,pp.463-468,2017
PAGE TOP