鋼・複合構造研究室

Steel & Hybrid Structures

鋼・複合構造研究室は、鋼および複合構造の設計から維持管理までの技術開発を担当しています。構造物に要求される性能や形態は時代とともに常に変化しています。また現在、鉄道構造物が抱える問題は、新設構造物のコスト縮減、ライフサイクルコストの考慮、メンテナンスの効率化、構造物の延命化、低騒音鋼橋の検討、合理的な設計法の確立など多岐に渡っています。これらの課題に対応するために、より優れた、より先進的な、より開かれた技術開発を目指して、各種研究開発に取り組んでいます。

研究開発

SRC床版を用いた下路トラス橋梁の合理化設計法の開発

鋼下路トラス橋において、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)床版を用いて、桁高低減、騒音低減等が図れるトラス橋およびその設計法を開発しました。

鋼橋の免震化に関する基礎的研究

ゴム支承を用いた免震橋について、軌道による構造物の地震時挙動への影響の評価法、鉄道橋に適した支承構造を提案しました。

複合構造物の接合構造の高機能化に関する研究

鋼管を用いた複合構造物の接合部について、接合部内の鋼材量を低減可能な接合方式とその設計法を提案しました。

車両等の衝撃を受けた桁の運転再開指標の検討

桁下を通過する自動車等の衝突により鋼桁に変形が生じた場合に、運転再開の判断の目安となる桁の健全性の評価手法を提案しました。

ピボット支承を有する旧式鋼鉄道橋の耐震評価・補強に関する研究

現行設計標準をそのまま適用できないピボット支承を有する旧式鋼鉄道橋を対象に耐震評価法(簡易・詳細)および補強手法を提案しました。

ゴムラテックスモルタルを用いた低騒音鋼・複合橋の開発

鋼・複合橋への騒音対策として、鋼板にゴムラテックスモルタルを吹付けて振動を抑える方法を開発しました。

鋼鉄道橋における振動発電を利用したモニタリングシステムの開発

鋼鉄道橋における振動発電を利用し、商用電源やバッテリを使用しないモニタリングシステムを開発しました。

低コストな既設鋼橋に対する延命化・低騒音化工法の開発

老朽化した既設鋼橋を複合構造化することにより、鋼橋の長寿命化を図る工法を開発しました。

コンクリート充填鋼管(CFT)部材の照査法と補修法

コンクリート充填鋼管(CFT)部材の適用範囲を拡大できる照査法および地震時に損傷したCFT部材の補修法を提案しました。

鋼鉄道橋のロングレール化のための診断

鋼鉄道橋上をロングレール化すると、新たにロングレール縦荷重が負荷されるため、種々の診断が必要になります。

既設鋼製支承の評価法と補強法

既設鋼鉄道橋の耐震診断を行う際の、ピン支承の評価法を見直し、損傷を防止する補強法を提案しました。

高架橋のリニューアル技術

既設の高架橋柱をCFT柱に取替え・移設することにより、高架下空間の有効活用を図ることができます。

製品・ソフトウェア

基準図書・書籍

PAGE TOP