低コストな既設鋼橋に対する延命化・低騒音化工法の開発

老朽化した既設鋼橋を複合構造化することにより、鋼橋の長寿命化を図る工法を開発しました。

1.はじめに

既設鋼橋の老朽化対策、騒音環境対策の検討が急務になっています。そこで、老朽化した既設鋼橋に高性能材料を合理的に配置し、橋梁を複合構造化(図1)することにより、鋼橋の補修・補強を行い、鋼橋の長寿命化を図ることを主な目的としています。また、本対策により維持管理性の向上、騒音・振動の低減による環境適合性の向上も同時に達成することが可能です。本工法の特徴は、鋼材への溶接や切断を用いずに、複合構造化が低コストで達成できる点にあります。

図1 複合構造化の概要(鉄道用Iビームの場合)

2.既設鋼橋の延命化・低騒音化工法

本工法の施工手順例を図2に示します。図2より、営業線下においても短期間、低コストで施工可能であると考えられます。写真1の試験体を用いて、複合構造化による確認試験の結果を図3、図4に示します。図3により複合構造化により剛性が大きく向上している傾向が示されており、列車荷重による応力振幅を小さくできることが分かります。また、図4により、本工法によって振動が約10dB低減することがわかり、過去の検討結果より構造物音についても約10dB程度の低減効果があることが推測できます。

図2 施工手順の概要と実施工での想定
写真1 複合構造化の施工試験状況
図3 剛性向上(延命化)効果(スパン中央の荷重−変位関係)
図4 振動低減効果概要(衝撃試験結果)

参考文献

PAGE TOP