鋼・合成断面性能照査支援プログラム「VePP-SC」

「鉄道構造物等設計標準・同解説(鋼・合成構造物)平成21年7月」に準拠した鋼・合成断面性能照査支援プログラム(VePP-SC)を開発しました。

本プログラムの特徴を以下に示します。

  • 断面形状、部材の諸寸法、材料の各特性値、断面力、安全係数などを入力して、各要求性能の照査を行い、その結果を画面表示、ファイル出力することができます。
  • 対象構造は、鋼桁(I断面、π断面、箱断面)、鋼柱(箱断面)、鋼トラス(H断面、箱断面)および合成桁(鋼I断面、鋼箱断面)。
  • 鋼構造物は、施工時の照査にも対応しています。
  • 合成桁は、単純合成桁および連続合成桁に対応しています。
  • ボルト連結部の安全性(耐荷性)の照査を行うことができます。
  • 入力はシート形式で複数の断面照査を一括で行えます。

断面諸元の入力画面
照査結果の出力画面

関連ページ

PAGE TOP