不飽和土の浸透・力学試験装置

不飽和土を対象として三軸試験、保水性試験を行う装置です。

1.はじめに

飽和土を対象とした三軸試験装置を、間隙水圧だけでなく間隙空気圧も制御することで不飽和土を対象とした試験も可能とするとともに、不飽和土のサクション変化と飽和度の関係から水分特性曲線を求めるための保水性試験装置を構築しました。

2.特徴

主な特徴は以下になります。

  1. 不飽和三軸試験装置では二重セル方式を用いることで、供試体の体積変化を求めることができます。また、単調載荷だけでなく繰返し載荷を行うこともできます。
  2. 保水性試験装置では、与えるサクションの大きさに応じて水頭法、加圧法の試験方法を選択可能です。
  3. 供試体の間隙水の出入りは、両装置共に従来から用いられているセラミックディスクだけなく微細多孔質膜を用いることができ、試験時間を大幅に短縮できます。

図1 三軸試験装置の外観と模式図
図2 保水性試験装置の外観と模式図
PAGE TOP