土構造物設計計算システム(Design-SoilStructure)

本プログラムは鉄道における土構造物の設計計算を行うシステムで、盛土、切土、支持地盤などの設計計算を行うことができます。

1.はじめに

本プログラムは、「鉄道構造物等設計標準・同解説(土構造物)」(平成19年1月)に基づいて、土構造物の設計をトータルでサポートし、盛土、切土、支持地盤などの設計計算を行うことができます。

2.特徴

本プログラムには以下の特徴があります。

  1. 要求性能を照査するため、構造物係数、作用係数、材料係数などの安全係数を任意に組み合わせて、設計計算を行うことができます。
  2. 円弧すべり法による安定照査、地盤の沈下量の算定、杭支持方式の対策工の算定、凍結深さに関する検討、ニューマーク法による地震時滑動変位量の算定を行うことができます。
  3. 地山補強土工法(ネイリング)による既設盛土の補強設計を行うことができます。
  4. 実績のある設計計算プログラムをベースに開発されているため、信頼性の高い設計計算が可能です。
  5. 計算結果は、画面表示の他、対外的な報告書にそのまま利用可能なレポート形式の出力を行うことができます。

3.動作環境

Windows XP(SP3),Windows Vista,Windows 7,Windows 8

図1 画面イメージ

関連ページ

PAGE TOP