トンネルの設計法

鉄道トンネルに関する技術基準や設計法に関する技術開発を行っています。

1.都市部山岳工法トンネルの設計標準

平成14年5月に刊行された「鉄道構造物等設計標準・同解説 都市部山岳工法トンネル」においては、都市部を対象とした地山分類、地山の安定を基本とした支保の設計法、限界状態設計法を適用した覆工の設計法を提案しました。

2.シールドトンネル設計標準

平成9年7月に刊行された、「鉄道構造物等設計標準・同解説 シールドトンネル」(平成14年12月、SI単位版を刊行)においては、経済的なセグメントの設計を目指して、従来用いられてきたいわゆる慣用計算法に代わり、構造モデルに「2リング梁ばねモデル」、トンネルと地盤との相互作用に「全周ばねモデル」を用いた設計計算法を提案しました。

3.大深度地下利用のための技術開発

都市域の拡大、人口・社会機能の集中により、利用できる地上の空間が減少し、地下の有効利用が求められています。鉄道に関しても、将来的に大深度の地下を利用する状況になることも想定されます。都市域に大深度トンネルを安全に、かつ安価に建設するための技術開発を行っております。

参考文献

  1. 小島芳之、岡野法之、野城一栄:都市部山岳工法トンネルにおける二次覆工の限界状態設計法、鉄道総研報告、第17巻、第3号、pp.35-40、2003.03
  2. 小山幸則、西村高明:梁ばねモデルによるシールドトンネル覆工の設計法、鉄道総研報告、第11巻、第7号、pp.13-18、1997.07
PAGE TOP