トンネルの耐震性評価と対策法

模型実験によりトンネルの地震時の応答や対策工の効果を検証して、「既設山岳トンネル地震対策・震災復旧マニュアル(案)」を作成しました。

山岳トンネルは一般に地震に強い構造物といえますが、条件によっては地震により被害を受けることがあります。地震による被害としては、天端のひび割れ、破壊、それに伴う剥落、内空の縮小、盤膨れ等の被害があります。

トンネル研究室では、トンネルの耐震性を向上させるため、1/50模型の載荷実験を行い、地震によりトンネルに発生するひび割れ・破壊などの損傷の発生形態、ロックボルト等の対策工の効果を明らかにしました。模型実験においても、天端のひび割れ、破壊、それに伴う剥落、内空の縮小、盤膨れ等の被害が再現できていることがわかります。また、ロックボルト等の対策工を想定した模型実験も行い、その効果についても検討しました。

本検討を踏まえて「既設山岳トンネル地震対策・震災復旧マニュアル(案)」が作成されています。

図1 地震による被害の例
図2 模型実験の結果
図3 対策工の効果

参考文献

PAGE TOP