無線センサを用いたトンネル変状監視

無線センサを用いて変状の進行性をモニタリングする技術を開発しました。

無線センサを用いたトンネル変状監視では、ひび割れ計(πゲージ)や導電塗料などといった変状の進行性を計測するセンサと子機を覆工に設置します。一方、トンネルの入口にも親機を設置し、子機から親機まで計測データを無線で伝送します。

開発した無線センサは、1分~10分間隔でデータ伝送することができ、安価で簡便にリアルタイムの計測ができるようになりました。

図1 無線センサを用いた変状監視システムの概要
図2 導電材料によるひび割れ検知システムのモニタリング例

参考文献

PAGE TOP