アクアグラウト工法

可塑性グラウトを用いた山岳トンネルの裏込注入工法を開発しました。

1.工法の概要

  • 特殊吸水性ポリマー、セメント、ベントナイト、急結剤からなる「アクアグラウト」を、現場においてミキサーにより水と練り混ぜ、圧送ポンプにより覆工背面に充填します。
  • 空洞を充填することにより、周囲の地山の緩みを防止し、トンネルの変形を抑制します。

2.工法の特徴

  • 特殊吸水性ポリマーは、吸水膨張することにより、水を内包するとともにセメント粒子などを吸着させ、材料分離を防止します。この結果、優れた可塑性が生まれます。
  • ポンプで圧送する際には高い流動性を保ち、充填後はそのままの状態で自立するため、限定注入が可能です。
  • 水に触れても材料が分離しにくいです。
  • 優れた強度(28日強度1.5MPa以上)を有します。
  • 比重は1.3~1.4程度と軽量です。
  • 材料と水とをミキサーにて練り混ぜたのち、1系統のポンプで圧送します。特殊な設備が不要です。

3.施工例

  • 山岳トンネルの裏込注入工法として鉄道や道路をはじめ、多くの事業者様にご利用頂いております。

図1 施工の概要
図2 アクアグラウトの効果
図3 施工例

参考文献

PAGE TOP