建築研究室

Architecture

建築研究室では、駅を中心とした鉄道建築の構造・計画・環境分野において、安全性、利便性の向上を目指した 技術開発に取り組んでいます。

  • 施設・設備に関するハード技術のみならず、駅における人の流れなどソフト技術も重視しています。
  • 人の流れ、列車走行に伴う振動騒音、線路上空空間利用などの鉄道固有現象・条件と建築の相互作用(境界領域)を主な研究対象としています。
  • 個々の鉄道会社では扱いにくい基礎的で共通的な技術課題に力点を置いています。

研究開発

計画分野

シェルター型ホーム

ホーム空間の快適性向上のため、ホーム上を屋根と壁で覆うシェルター型ホームへリニューアルする工法を開発しました。

旅客流動シミュレーション

駅の中の旅客の流動状況を視覚的に再現・予測できる旅客流動シミュレーションを開発しました。

構造分野

線路上空利用建築物の構造設計法

橋上駅の構造設計法である「線路上空建築物(低層)構造設計標準」をまとめています。

線路上空建築物への鋼管群杭の適用技術

線路上空建築物に小口径羽根付き鋼管杭を用いた場合の構造設計法の構築に向けた研究に取り組んでいます。

制振ダンパを用いた耐震補強法

既存駅舎や旅客上家の耐震補強法として、制振ダンパを用いた補強法の検討を行っています。

環境分野

駅や線路近接建築物の振動騒音予測

線路近傍に建設される宿泊施設や集合住宅への振動・騒音の影響を、数値解析や現地測定結果などから予測します。

実験設備

駅シミュレータ

実駅に近い環境で各種実験を行える、実物大の橋上駅舎模型を建設しました。

PAGE TOP