旅客流動シミュレーション

駅の中の旅客の流動状況を視覚的に再現・予測できる旅客流動シミュレーションを開発しました。

1.概要

駅はプラットホーム、階段、エスカレータ、コンコース、改札口等の多様な歩行空間で構成され、毎日たくさんの利用者が行き来する空間です。そのため、ちょっとした通路幅や配置の違いで人の流れ方や渋滞の起こり方が変わることもあります。

建築研究室では、1970年代から旅客流動の実測や歩行行動のモデル化や、駅での人の流れを再現するシミュレーションの開発に取り組んできました。現在では、想定される旅客の通行量や目的地などのデータをもとに、歩行空間で刻々と変化する旅客密度を計算することで、駅空間での多様な人の流れを可視化することも可能になりました。

旅客流動シミュレーションの基本モデルは、図1のように駅空間をメッシュ状に分割し、メッシュ間の旅客人数の移動を動的に表現することで、駅全体の流動状況を再現しています。メッシュ間の旅客の移動には、実験や観察によって得られた歩行速度と密度の関係(図2)を用いています。また、各メッシュ内の歩きにくさを評価することで、駅計画の課題箇所等の抽出を行うことが可能です。

図1 平面図のメッシュ分割イメージ
図2 旅客の移動モデル(一方向流動)

2.活用実績

実際に、鉄道事業者等からの依頼によって、駅の設計段階での旅客流動の検討や工事中の通路幅員減少による問題点の把握等を目的としたシミュレーション作成も行っており、これまで多くの駅での実績があります。

図3 旅客流動シミュレーション出力図(流動状況)
図4 旅客流動シミュレーション出力図(混雑評価)

参考文献

  1. 石突光隆:旅客流動と駅の関係について、鉄道建築ニュース、No778、pp20-22、2014
PAGE TOP