駅や線路近接建築物の振動騒音予測

線路近傍に建設される宿泊施設や集合住宅への振動・騒音の影響を、数値解析や現地測定結果などから予測します。

線路近傍にホテルや集合住宅などを新築する際には、鉄道振動・騒音の影響を的確に予測し、対策手法を検討することが必要です。

そこで、数値解析や計画建物の建設地での列車振動騒音の測定結果などを用いた、線路近接建築物への振動・騒音予測手法に関する研究を進めています。

数値解析による予測

列車振動は、軌道から土木構造物、地盤を介して建物に伝搬します。数値解析による予測手法では、高架橋やトンネルなどの土木構造物・地盤・建物を、全部または部分的にモデル化し、有限要素法などの数値解析により建物内の振動や騒音(固体伝搬音)の予測を行います。

類似の測定データによる予測

線路近傍地盤、トンネル内、建物内で測定された多くの鉄道振動データを用いて、建物内の振動・騒音の予測を行います。鉄道振動の伝搬性状は、地盤条件、建物の構造や規模などにより異なる特性を有しています。既往の多くの測定データを整理することにより、これらの違いによる地盤の伝搬特性、地盤から建物への伝達特性、建物内の伝搬特性などを明らかにしました。

既設の線路近傍に新しい建物を建てる場合には、建設敷地で列車振動を測定することが可能なため、地盤振動の測定データと新築建物への振動伝達特性と建物内の振動伝搬特性のデータを用いて、建物内の振動・騒音の予測が可能となります。

図1 鉄道から建物へ伝わる振動と騒音
図2 数値解析のモデル例(鉄道高架橋と事務所建物)

参考文献

PAGE TOP