駅シミュレータ

実駅に近い環境で各種実験を行える、実物大の橋上駅舎模型を建設しました。

1.概要

駅の中の旅客流動や快適性に関わる温熱環境、音環境などについて検討する場合、従来は実際の駅で生じる現象を観察することが主な手段でした。一方で、様々な課題を解決するには実験的な検討が有効ですが、実際の駅の中で大規模な実験を行うことは現実的に不可能です。そこで、そのような実験を可能にする施設として、駅シミュレータ(実物大の橋上駅舎模型)を建設しました。

2.実施実験

駅シミュレータで行った実験として以下のものがあります。

  • 混雑時や非常時の旅客流動評価実験
  • 音環境、温熱環境、光環境など快適性に関わる要因についての評価実験
  • 駅に使われる材料に関する評価実験

図1 駅シミュレータ外観
図2 駅シミュレータ内観
図3 駅シミュレータ概要
図4 旅客流動評価実験
図5 音環境評価実験

参考文献

  1. 伊積康彦:実物大駅舎模型を用いた駅の安全性・快適性評価実験、JREA、Vol.58、No.4、pp.39385-39388、2015
  2. 辻村壮平、伊積康彦、廣江正明:高齢者に配慮した駅の案内放送の提示レベルに関する研究−模擬駅舎での案内放送の聴き取りにくさに関する聴感実験、日本騒音制御工学会秋季研究発表会講演論文集、pp.259-262、2014
  3. 伊積康彦、山本昌和:駅シミュレータを用いた各種実験、鉄道建築ニュース、No.753、pp.4-12、2012
PAGE TOP