電力技術研究部

Power Supply Technology Division

電力技術研究部の概要

鉄道部門における電力技術は、電気車に高品質な電力を提供するための技術であり、変電所における電力変換、き電回路、電車線構造、電車線材料およびこれらの計測・保全に関する研究開発が、その主なものです。

電力技術研究部では、これらの研究開発に対処するために、き電・集電管理・電車線構造の3グループでの研究開発体制のもと、21世紀に対応した新しい鉄道電力システムについて、鋭意研究開発を進めています。

電力技術研究部の紹介

電車が必要とする電気エネルギーは、電力会社等の送電線から変電所で変換され、架線を通して電車まで送られていき、レールから帰還します。移動する電気車に対して、いかにして安定した電力を供給するか、これが電力技術研究部の使命です。
高速で摺動しながら電力をやり取りするパンタグラフと架線は鉄道固有の重要な技術であり、他に類を見ない独特な設備をしっかりと測定してメンテナンスしていくことが鉄道の安定運行の鍵となっています。また、大電力を安全に送り出す変電の技術も鉄道を支えています。
最近では複数の電車と地上設備を制御して省エネルギー化を進めることと、様々な設備のメンテナンス作業軽減に役立つ技術、そして高速化に対応した技術の開発を重点的に取り組んでいます。

電力技術研究部長 池田充

研究室と担当分野

  • き電研究室

    交流き電システム、直流き電システムに関する研究開発を行なっています。

  • 集電管理研究室

    架線—パンタグラフで構成する集電系の、保全管理および電車線材料に関する研究開発を行なっています。

  • 電車線構造研究室

    電車線構造の研究開発と、集電現象を解明するために必要な計測技術の研究開発を行なっています。

PAGE TOP