画像処理技術を用いた電車線検測

車両の屋根上にカメラ・センサを搭載し、架空電車線の各線条の位置を非接触で計測できる、ハイブリッドセンシング手法を開発しました。従来は手作業で計測していた架線の静的な高さや左右偏位が、車両から計測できるようになります。今後、金具の位置計測や診断手法の開発、高速走行への対応を進めます。

車両の屋根上にカメラ・センサを搭載し、カメラによる撮影画像の解析と、レーザーセンサによる物体の位置測定データを併用することで、架空電車線の各線条の位置を非接触で高精度に計測できる、ハイブリッドセンシング手法を開発しました。トロリ線以外の線条の計測や複雑な架線構造についても計測が可能です。

レーザーセンサにより把握した架線の概形から各線条を特定し、ラインカメラにより線条の詳細な位置を計測します(図1、図2)。オーバーラップ区間等の複雑な架線構成でも計測が可能です(図3)。従来は手作業で計測していた架線の静的な高さや左右偏位が、車両から非接触で計測できるようになります。また、計測に必要な機器を小型化できるため、電気検測車のほか、営業用車両や、軌陸車などの保守作業車にも搭載が可能です。

図1 センサ構成の概要
図2 架線位置の測定手順
図3 試験架線の測定結果

従来の停電時間帯における手作業での架線検測と比べて、作業の効率化や高精度化が期待できます。今後,金具の位置計測(図4)や診断手法の開発を進めるとともに、高速走行への対応を進め、現状の、人の目に頼った検測作業の自動化を目指します。

図4 金具位置の計測結果
PAGE TOP