軌道構造研究室

Track Structures & Components

在来線と新幹線の軌道を構成する、レールとレール締結装置などの軌道材料、分岐器、伸縮継目およびロングレールに関する研究開発
軌道構造研究室は、軌道に関する技術分野のうち、レールおよびレール締結装置などの軌道材料、いわゆるポイントと呼ばれている分岐器、さらに伸縮継目やロングレールに関する技術開発を主に担当しています。また、これらのメンテナンス技術、高速化への対応についても研究しています。

研究開発

耐摩耗トングレールの開発

レールの熱処理条件および断面形状を変更することで耐摩耗特性に優れたトングレールを開発しました。

レール開口部の走行安全性評価手法

レール開口部を走行する際の軌道・車両の挙動をシミュレーションにより評価する手法を開発しました。

橋上ロングレールの解析

橋上ロングレールの性能照査に用いる応答値の解析手法を構築しており、設計検討に用いることが可能です。

橋まくらぎ用調節型レール締結装置

在来線の橋りょう上で高低および通りの位置調整が可能な橋まくらぎ用レール締結装置を開発しました。

鋼直5形レール締結装置

鋼橋の桁上に直接締結する方式の締結装置として、従来と比較して構造が簡易で絶縁性能に優れた締結構造を開発しました。

改良形接着絶縁レール

接着絶縁レールの長寿命化を図るため、高流動性接着材およびテフロンシートにより耐剥離・耐腐食性を向上した改良形接着絶縁レールを開発しました。

分岐器の弾性支持化に対する評価手法

分岐器の弾性支持化に伴うレール変位や輪重変動の変化等をシミュレーションにより評価する手法を開発しました。

本設利用工事桁用レール締結装置

主桁と合成まくらぎを設置した横桁で構成される工事桁を本設化する本設利用工事桁に適用可能なレール締結装置を開発しました。

塑性域で使用するレール締結装置の疲労耐久性の評価法 【2013年度主要な研究開発成果】

塑性域で使用する線ばね形レール締結装置に適用可能な耐久限度線図を提案しました。

新幹線用レール鋼製ノーズ可動クロッシングの開発 【2013年度主要な研究開発成果】

超音波探傷検査が可能で、前後のレールとの溶接が容易なレール鋼製ノーズ可動クロッシングを開発しました。

実験設備

レール締結装置用四軸疲労試験機 【受託事業:試験設備】

実荷重を模擬したレール締結装置に関する全ての試験が可能です。

電気油圧式材料疲労試験装置 【受託事業:試験設備】

軌道パッド等の軌道材料の動的特性試験および疲労試験・静的および動的ばね定数試験を行うことができます。

PAGE TOP