短繊維補強コンクリートの軌道構造への適用

短繊維補強コンクリートのまくらぎ直結軌道用コンクリート道床への適用について検討を行っています。

短繊維によってコンクリートを補強した短繊維補強コンクリートは、ひび割れ発生後において靱性的な挙動を示す材料であり、鉄筋による補強を必要としません。短繊維補強コンクリートを軌道へ適用することで、以下の利点が得られます。

  • 軌道構造のスリム化
  • 補強鉄筋が不要
  • 施工期間の短縮

現在、短繊維補強コンクリートを用いたまくらぎ直結軌道用コンクリート道床を実用化し、軌道スラブや新型式軌道用コンクリート道床の他、コンクリート路盤への適用を検討しています。

図1 コンクリートの補強に用いる短繊維
図2 鉄筋コンクリートと短繊維補強コンクリートの比較
図3 短繊維補強コンクリートを用いたコンクリート道床

参考文献

  1. 高橋貴蔵、村本勝己:短繊維補強コンクリートを用いたまくらぎ直結軌道の試験施工、日本鉄道施設協会誌、(一社)日本鉄道施設協会、第51巻、第7号、2013.07
PAGE TOP