バラスト軌道の耐震性に関する研究

地震によるバラスト軌道の変形を実験や解析によって検討し、耐震性の向上を目指した研究を行っています。

バラスト軌道は大きな地震によって歪みが発生してしまうことがあります(図1)。当研究室では、地震によるバラスト軌道の変形を実験や解析によって検討し、耐震性の向上を目指した研究を行っています。

図1 地震によって歪んだバラスト軌道

バラスト軌道の大型振動台試験において(図2)、レール温度(軸力)の上昇により軌道を座屈させようとする横方向の荷重を再現することが必要でした。そこで、変位が生じても引張り荷重がほとんど変化しない特殊なばねを用いて、一定の横方向荷重をまくらぎに与えて加振し、地震時の道床横抵抗力を評価する方法を開発しました(図3)。

図2 実物大バラスト軌道模型の加振試験
図3 特殊ばねを用いた地震時道床横抵抗力の評価方法
PAGE TOP