低コストな軌道変位常時監視システムの開発

高精度な傾斜角センサを用いた、低コストで簡便な軌道変位常時監視システムの開発を進めています。

近年は施工技術の発達によって、列車の運行を中止することなく立体交差化工事などの線路近接工事を行うことが多くなっており、軌道や路盤の変形を高精度かつリアルタイムにモニタリングする技術が不可欠となっています。

鉄道総研では、小規模な線路近接工事現場でも手軽に軌道の変形をモニタリングするために、高精度な傾斜角センサを用いた、低コストで簡便な軌道変位常時監視システムの開発を進めています。

図1 軌道変位常時監視システムの概要
図2 傾斜角センサによる軌道変位測定の概念図
図3 試験線での耐久性試験

関連ページ

参考文献

PAGE TOP