軌道管理研究室

Track Geometry & Maintenance

ローカル線から新幹線まで、車両が軌道上を走行する際に生じる現象の把握・予測・改善に関する研究開発
軌道管理研究室は、軌道に関する技術分野のうち、軌道検測技術や検査データの処理、活用法の検討などを担当しています。軌道状態を測定 (See) し、評価 (Think) し、計画 (Plan) し、整備 (Do) する。この一連の技術が、軌道状態の効率的な維持・向上につながります。最大の目標である安全性の確保を前提としながら、高機能・低コストな軌道管理手法の開発を目指します。

研究開発

軌道保守管理データベースシステム「Micro LABOCS」

軌道変位や車両動揺などの測定データと線路形状・軌道構造等の各種環境データを表示したり、データの波形処理をしたりするためのソフトウェアです。

軌道変位保守計画策定支援システム

限られた軌道保守費や保守用機械を有効に活用して良好な軌道状態を維持できるような保守計画の作成を支援するシステムを開発しています。

レール凹凸管理

沿線および車内の騒音・振動の原因となるレール波状摩耗等のレール凹凸を効率的に管理するための各種ツールを開発しています。

慣性正矢法による軌道検測

1個の検測ユニットと、制御用の機器箱を車両に取り付けるだけで軌道検測が可能になる装置です。

PAGE TOP