軌道変位保守計画策定支援システム

限られた軌道保守費や保守用機械を有効に活用して良好な軌道状態を維持できるような保守計画の作成を支援するシステムを開発しています。

1.軌道変位保守計画策定支援システムの概要

少ないマルタイ台数で広い範囲を効率良く運用し、良好な軌道状態を維持できるような計画作成を支援するため、当研究室では軌道変位保守計画策定支援システム(図1)を開発し、改良を重ねております。

本システムは、軌道変位の履歴データに基づいて将来の推移を予測して保守が必要な箇所を適切に選定し、マルタイ運用上の制約を考慮しながら軌道変位保守計画を作成します。さらに、計画通りに保守を実施した場合に予想される軌道変位推移を出力します(図2)。

図1 システム操作画面
図2 システム出力画面

2.材料保守計画への対応

道床が劣化すると、マルタイ保守による改善量が減少すると考えられます。本システムでは、図3に示す回帰直線をマルタイ保守による改善量の推定式とし、本式によって得られた改善量の推定値よりも実測値の方が小さい箇所を、道床劣化が疑われる箇所として出力します。

図3 軌道変位と改善量

3.高頻度検測データへの対応

近年、従来よりも高頻度の軌道検測データが日々蓄積されていることから、高頻度データを活用できるように本システムを改良しました。これにより、軌道変位が季節変動する箇所や急進する箇所、道床状態の不良箇所等の診断が可能となり、品質の高い軌道変位保守計画が作成できるだけでなく、総合的な軌道保守計画の効率化にも活用できます(図4)。

図4 軌道変位推移例

関連ページ

参考文献

  1. 吉田尚史、矢坂健太、三和雅史:レール及び道床状態を考慮した軌道保守方法の選択プログラムの開発、新線路、2013.01
PAGE TOP