慣性正矢法による軌道検測

1個の検測ユニットと、制御用の機器箱を車両に取り付けるだけで軌道検測が可能になる装置です。

1.慣性正矢法とは?

「加速度の2回積分が変位になる」という物理法則から軌道変位を求める方法を「慣性測定法」といいます。航空機の慣性航法や、自立型のカーナビゲーションに近い方法です。この方法は測定軸を1軸としても測定可能で、小型の装置にできることから営業列車へ搭載するなど自由な構成が考えられます。しかし、既往の慣性測定法は波形処理の途中で軌道変位波形にひずみを生じるという欠点があり、あまり広くは使われていません。

鉄道総研では、慣性測定法の波形処理に、現在の3台車式軌道検測車で用いられている「正矢法」という軌道検測方法の特性を取り入れて、ひずみを生じない処理が行え、しかも3台車検測車と同様の検測結果が得られる方法を考案しました。この方法を「慣性正矢法」といいます。

2.慣性正矢軌道検測装置について

慣性正矢法を利用した検測ユニットと、制御とデータ収録のための小さな機器箱を車両に取り付けるだけで軌道検測が可能になる装置です。取付箇所に応じた、2種類の検測ユニットを用意しています。

台車装架型ユニット
高速動作・高精度ですが、台車の寸法上、取付箇所の制約があります。
車体装架型ユニット
分岐器通過時などの欠測部分がやや長くなりますが、取付箇所の制約は少ないタイプです。
台車装架型ユニットの搭載イメージ

関連ページ

参考文献

  1. 矢澤英治、岡井忠生:慣性正矢軌道検測装置実用化に向けた性能向上、鉄道総研報告、第18巻、第3号、pp.35-40、2004.03
  2. 竹下邦夫、矢澤英治:慣性正矢法による軌道狂い検測装置の開発、鉄道総研報告、第14巻、第4号、pp.25-30、2000.04
PAGE TOP