レール転動疲労試験装置

直径900mm、幅125mmの車輪を有し、車輪とレールの間に接線力を作用させることで、レール頭部領域の強度特性を評価することが可能です。

1.概要

上部に直径900mm、幅125mmの垂直載荷車輪を、下部に水平移動テーブルを有し、垂直・水平それぞれのアクチュエータによってレールに負荷を与える構造です。また、レール支持方法として、片持支持及び両端支持を選択することができます。

2.特徴

車輪とレール間に作用する接触応力により、レール頭頂部に大きなせん断力を発生させることが可能です。

表1 転動疲労試験機主要諸元
図1 試験機外観
PAGE TOP