気象防災研究室

Meteorological Disaster Prevention

強風や雪氷をはじめとする種々の気象現象が鉄道運行に障害をもたらすメカニズムの解明と、被害を防止・軽減するための技術開発

研究開発

規制用風速計の適性配置に資する風観測値の代表性の評価

鉄道沿線の強風監視に用いる規制用風速計の適正配置に資することを目的として、1点の風速計で観測される風速値がもつ空間的な代表性を評価した例を紹介します。

自然風の変動特性(風速の時間変動)

列車が運転規制区間にいる時間にどの程度の強風が吹くかを検討するため、風速の時間変動を調べました。

局地風を考慮した鉄道沿線の強風箇所抽出方法

運転規制区間の設定と風速計の配置を最適なものとするため既存の鉄道沿線の強風箇所を抽出する手法を改良しました。

風速計の違いによる最大瞬間風速の捉え方の違い

3種類の風速計の違いによる最大瞬間風速の捉え方の違いを示しました。

規制用風速計で得られる風速値に与える線路構造物の影響

鉄道沿線の風速計で観測される風速値に線路構造物が与える影響を評価しました。

風向を考慮した強風に対する鉄道車両の安全性評価方法

風向別に転覆限界風速以上の強風が吹く確率を考慮した鉄道車両の安全性評価方法の提案です。

融雪水の積雪底面流出量の簡易推定方法

気象庁アメダスの観測データを用いて、融雪水の積雪底面流出量を1時間単位で推定する手法です。

架線着霜発生条件の解明と予測手法の開発

冬期の晴れた夜間に電車線(架線)に霜が発生する条件を解明し、これに基づく予測手法の紹介です。

スノープラウの形状開発

降積雪の多い地域での自力排雪走行に適したスノープラウ形状開発手法の紹介です。

台車着雪量推定手法

気象条件による軌道上の雪の変質過程と、これに伴う雪の舞い上がり量の変化を組み込んだ台車着雪量推定手法です。

実験設備

低温実験室

室内温度を-30℃~+10℃の範囲(±1℃)で制御することができ、雪氷試料を用いた各種試験に使用できます。

気象・積雪観測機器

気象・積雪に関わる全般的な観測を行っています。各種の試験における試験条件と気象要素について調べること等ができます。

排雪力測定試験装置

この装置は、約20m区間、試験体を最高速度40m/sで直線運動させることができます。

架線着霜再現試験装置

低温室内において、架線着霜を再現する試験装置です。

空気圧射出装置

重量3kgの氷塊を速度300km/hで射出する能力があり、氷塊等の衝突試験に使用できます。

PAGE TOP