地質研究室

Geology

土木工事に関わる地下水流動や水質の問題、トンネルの建設・保守技術、岩盤斜面の安定性、道床バラストの石質等に関する研究開発や列車走行に伴う沿線地盤振動の予測・対策に係わる研究開発
地質研究室は土木工学、地質学の専門家技術集団として、鉄道施設を取り巻く幅広い分野を担当し、これらの問題に関する適切な調査、評価法の研究開発を進めています。

研究開発

気象災害ハザードマッピングシステム

気象災害(土砂災害、強風災害、雪崩災害、落石災害)について、災害の素因や外力の大きさ、災害の発生しやすさを一元的に表示できるシステムを開発しました。

自然由来の重金属等の溶出特性を評価する手法(ステップバッチ試験)

掘削残土に含まれる自然由来の重金属等について、短期的および長期的な溶出特性を評価する手法(ステップバッチ試験)を提案しました。

バラストの品質管理

道床材料として使用するバラスト(砕石)の品質を確認するために、石質試験を実施しています。

軌道不整に起因する列車走行時の地盤振動のシミュレーション

軌道不整に起因する列車走行時の地盤振動を評価するための解析モデルを構築して、動的なシミュレーション解析を行いました。

打音検査装置の開発

岩盤斜面中の岩塊の安定性ならびにトンネル覆工コンクリートの健全性を評価するために、打音検査装置を開発しました。専門的な知識を必要とせず、定量的な評価が可能です。

構造物・地盤・建物振動予測シミュレーション手法

車両が高速で走行する際に生じる、沿線の構造物・地盤・建物の振動を予測する三次元シミュレーション手法を提案しました。

実験設備

岩石用剛性一軸/三軸試験機

岩石を対象にした一軸・三軸圧縮試験、一軸での動的繰返し載荷試験が可能な高い剛性を持つ試験機です。

PAGE TOP