バラストの品質管理

道床材料として使用するバラスト(砕石)の品質を確認するために、石質試験を実施しています。

バラストは鉄道線路を構成する重要な材料です。その良否は線路維持の作業量を左右します。線路の材料としてのバラスト石材の材質、形、その混ざり具合等について、その品質が基準値に適合しているかどうかを公正な立場で認定することも重要な業務として実施しています。

JR各社が使用するバラストは3年に一度この試験を実施することが義務づけられており、この試験に合格したものでないと使用できないようになっています。

PAGE TOP