打音検査装置の開発

岩盤斜面中の岩塊の安定性ならびにトンネル覆工コンクリートの健全性を評価するために、打音検査装置を開発しました。専門的な知識を必要とせず、定量的な評価が可能です。

岩盤斜面中の岩塊の安定性ならびにトンネル覆工コンクリートの健全性を評価するために、打音検査装置を開発しました。

打音検査装置では、岩塊を打撃した際に得られる音圧波形の卓越周波数とその振幅から、岩塊の安定性を判断することが可能です。また、トンネル覆工を打撃した際に得られる音圧波形の振幅や周波数特性から、トンネル覆工の巻厚や、トンネル覆工内の空洞・亀裂の有無を推定することもできます。

本装置の特徴は以下の通りです。

  • 打撃音の周波数と振幅の関係などから、岩盤斜面中の岩塊の安定性や、トンネル覆工の巻厚や内部の空洞・亀裂の有無を定量的に評価できます。
  • 定期的な検査を実施することで、岩塊の安定性やトンネル覆工の健全性をモニタリングできます。
  • 従来方法(ハンマーでの打音検査)と同程度の時間で実施できます。
  • 地質やコンクリートなどの専門知識を必要としません。
  • 収録・解析装置は専用のケースに収納されているので、斜面などの足場の悪いところでも容易に持ち運ぶことができます。

図1 打音測定装置
図2 岩盤斜面中の岩塊の安定性評価
図3 トンネル覆工コンクリートの健全性評価
PAGE TOP