信号・情報技術研究部

Signalling & Transport Information Technology Division

信号・情報技術研究部の概要

信号・情報技術研究部は「信号システム」「ネットワーク・通信」「列車制御」「運転システム」「交通計画」の5研究室で構成されます。信号保安システムやその安全性評価、移動体通信を含む各種通信ネットワーク技術、需要予測、輸送計画や運転整理の支援技術、設備の状態監視技術などの研究開発を通じて、鉄道の安全性、信頼性、利便性の向上に寄与することをめざして活動しています。

信号・情報技術研究部の紹介

需要予測などに基づく輸送の基本方針策定や列車ダイヤなどの作成支援、列車運行の安全を担保する信号システム、状況に応じた運転整理の支援、さらに、これらを支える情報通信システムなどに関する課題解決、新しい手法やシステムの研究開発を行っています。また、列車群の高度かつ柔軟な運行制御の実現に向けて、運行管理と信号の機能的融合など、既存の概念に捉われない新しいシステム提案を通じて、安全・安定かつ利便性の高い鉄道システムを目指します。併せて、鉄道が持つ多様な情報の収集と、相互活用に利用できる鉄道用情報ネットワーク基盤の構築、および旅客流動や設備状態等に関する大規模データの有効活用に関する技術開発にも取り組んでいきます。

信号・情報技術研究部長 川崎邦弘

研究室と担当分野

  • 信号システム研究室

    軌道回路、ATC、転てつ機等といった信号保安設備の研究開発や、画像処理の鉄道への応用の研究を行っています。また、信号保安設備の安全性評価や故障の原因解明、新型車両の信号保安設備の誘導障害の評価等を担当しています。

  • 列車制御研究室

    新しい技術を活用した列車制御システムの研究開発、信号システムの安全性評価等を担当しています。

  • ネットワーク・通信研究室

    移動体通信・通信ネットワークなどの通信技術と、電子化されたデータの管理・分析手法や数理最適化などの情報処理技術の鉄道システムへの適用に関する研究開発、鉄道特有の電磁環境問題に関する研究開発を担当しています。

  • 運転システム研究室

    鉄道の輸送関係業務に対する各種システム・アルゴリズムに関する研究開発、および、輸送の乱れ・混雑・旅客流動などに関する調査分析手法に関する研究開発を担当しています。

  • 交通計画研究室

    鉄道輸送を中心とする交通需要予測、鉄道旅客の行動要因分析とニーズの定量的評価、交通計画支援システム、鉄道の経済性評価、物流のマルチモーダル化に関する研究開発を担当しています。

部テーマ

PAGE TOP