信号システム研究室

Signalling Systems

列車の安全運行を確保するために、信号システムの存在は必要不可欠です。信号システム研究室では、信号システムを構成する軌道回路、ATS・ATC、転てつ機などの信号保安設備の研究開発や、信号システムに活用するための画像認識に関する研究開発に取り組んでいます。また、信号保安設備に発生した障害の原因解明、軌道短絡の現象解明、雷害対策の評価、安全性の評価、新型車両の信号保安設備への誘導障害の評価などにも取り組んでいます。

研究開発

車上データベースを活用したATS-Dxシステム

鉄道総研では、地上設備の削減が可能となる車上データベースを活用したATS-Dxシステムを開発しました。

無線による運転保安装置用車上データベースの更新技術

運転保安装置用の車上データベースの更新を効率的に行うため、無線技術を活用した更新技術を開発しました。

耐ノイズ性の高い低周波軌道回路

車両から発生するノイズに対して、耐ノイズ性能を向上した軌道回路の開発を行いました。

閑散線区用割出し可能転てつ機

割出し可能転てつ機と踏み込み転換を組み合わせた、閑散線区用の新しい転換システムを開発しました。

特殊信号発光機の見通し検査システム

特殊信号発光機の視認性について近赤外線と画像処理技術を用いることで、効率よく検査が行える視認性確認システムを開発しました。

落雷条件を考慮した信号設備の雷害発生確率推定手法

信号設備の雷害発生確率を推定する手法を開発しました。

実験設備

擬似軌道回路

研究室内で軌道回路(列車を検知するための回路)の研究・試験を行なうために、実際のレールを模擬した装置です。

高速回転試験装置

本装置はATSのような地上と車上間で情報伝送を行う装置の結合試験のために使用します。

転換試験用分岐器

新幹線の転換鎖錠装置の機械モデルを構築するための、検証試験を行うための分岐器です。

製品・ソフトウェア

総研型転てつ減摩器

ローラーの高さ調整作業を無くし、取付作業および保守作業を大幅に省力化した転てつ減摩器

トンネルスキャナー

トンネル覆工面の鮮明なパノラマ画像を、低コストで効率的に生成する、ラインセンサカメラやビデオカメラを中心とした撮影装置を開発しました。

PAGE TOP