車上データベースを活用したATS-Dxシステム

鉄道総研では、地上設備の削減が可能となる車上データベースを活用したATS-Dxシステムを開発しました。

1.はじめに

改正された技術基準省令57条(線路条件に応じた速度制限の実施)への適合と信号冒進防護機能を、現行ATS-Sxより強化するため、車上データベース(車上DB)を活用した車上速度照査式ATS-Dxを開発しました。ATS-Dxは、これまでのATS機能に加え、地上設備からの情報と車上データベースを活用して曲線等の速度制限区間と停止信号機に対する速度照査パターンを作成し、連続的に列車速度を監視する機能を実現しています(図1)。

図1 ATS-Dxの機能概要

2.開発概要

試作装置(図2)を用いた現車試験を行い、地上子情報および車上DBに基づく信号冒進防護機能や速度制限機能等を検証するとともに、装置の安全性評価を行い実用化に問題ないことを確認しました。ATS-Dxでは、既存のATS-Sxの車上子が使用できるとともに、速度パターンの発生・消去に用いる有電源の地上子では既設のATS地上子ケーブル等を利用できるようにしました。さらに、位置情報を車上装置に伝送するためのATS-Dx地上子は電源ケーブルレスにして導入コストの低減を図りました。また、現行ATS-Sxとの機能互換性を確保したことで、ATS-Dxへの段階的な移行ができます。

図2 ATS-Dx車上/地上装置

参考文献

  1. 新井英樹、佐藤和敏:車上速度照査式ATS-Xの基本システム開発、鉄道総研報告、第20巻、第10号、pp.5-10、2006.10
PAGE TOP