無線による運転保安装置用車上データベースの更新技術

運転保安装置用の車上データベースの更新を効率的に行うため、無線技術を活用した更新技術を開発しました。

1.はじめに

近年、車上DBを利用した運転保安装置が開発、導入されています。車上DBは、線路データや車両性能データ等、列車走行時の安全を担保する重要なデータと位置付けられており、その更新にはコンパクトフラッシュカード等の記録媒体を用いて装置単体毎に行われているため、多大な時間と労力を要しています。そこで、車上DBの更新を効率的に行うため、無線技術を活用した更新技術を開発し、運転保安装置としてATS-Dx(JR北海道およびJR九州で使用されているATS-DN、ATS-DK)を想定したプロトタイプ装置(図1)を試作しました。

図1 プロトタイプ装置の概要

2.開発概要

ATS-Dxの車上DBは、車両最高速度やブレーキパターン等の車両の基本性能を登録する車両性能DB、および地上子位置や速度制限位置等を登録する線路DBから構成されています1)。車上DBに登録されるデータは、速度照査パターン作成に直接使用されることから、データの正当性確保は重要な要件となります。このような保安情報の伝送にあたり、無線免許が不要な5.6GHz帯の汎用無線機を使用すると共に、伝送量の削減を図った上で安全性を確保する伝送データの正当性確認手法(図2)と、セキュリティに配慮した伝送フォーマットを構築しました2-3)

プロトタイプ装置による検証試験の結果、安全性を従来と同等なレベルで確保したまま複数台の同時更新が可能であり、単体毎と比較して効率的な車上DBの更新が実現できることを確認しました。また、本システムの開発で得られた知見や技術は、今後の車上DBを保有する運転保安装置における車上DB更新作業の効率化に寄与するものと考えています。

図2 伝送データの正当性確認手法の概要

参考文献

  1. 小関泰二、森田隼史、新井英樹、杉本経嗣、三浦泰久、森下隼人:無線による車上データベース更新技術の開発、第51回鉄道サイバネ・シンポジウム、No.529、2014
PAGE TOP