「列車制御」について

鉄道では列車が他の列車と追突・衝突したり、脱線しないように、列車に対して走行してよい区間や速度を指示しています。このような指示を出したり、指示通りに列車が走行しない場合に停止させたりすることを列車制御と呼んでいます。

現在、多くの路線では、図のように線路をある程度の長さの区間に分けて列車の有無を把握しています。1つの区間には1列車しか入れないようにすることで、追突や衝突を防止しています。図の例では、先行する列車の直後の信号機を赤信号(停止現示)としています。列車への指示の方法としては、図のように信号機を用いる方法だけでなく、レールに電流を流して情報を伝送する方法もあります。最近では、無線を用いて情報を伝達する方式も実用化されています。

これらの方式は安全性に優れ、とても良いシステムであるといえます。しかし、安全性は維持・向上しつつ「もっとライフサイクルコストを低減したい」、「もっと効率よく列車を運行したい」というような要望がでてきています。そこで、私たちは、情報通信技術やセンサ技術などを活用し、課題解決に取り組んでいます。

PAGE TOP