列車運行実績分析システム(@Plan)

PRC等の実績ダイヤデータを用いて列車の運行実態を分析するシステム「@Plan」を開発しました。

1.概要

列車の運行実態を把握するためには、日々変化する運行実績を用いた統計的な分析が重要となります。近年、自動進路制御装置(PRC: Programmed Route Control)が様々な線区で導入され、運行実績が電子データとして蓄積可能となってきました。そこでPRCの実績ダイヤデータを用いて列車の運行実態を分析するシステム「@Plan(A Prc Log Analyzer、エープラン)」を開発しました。

2.特徴

  • 複数日の実績ダイヤデータを用いて統計的な分析を行います。
  • 列車の遅延の大きさ、駅間運転時分、停車時分、折返し時分、2つの事象の相互関係などの複数の分析機能があります。
  • 天候、曜日、時間帯、列車種別など、分析対象を指定できる様々なオプションがあります。
  • GUI上での簡単な操作で分析ができます。
  • 分析結果をグラフで視覚的に確認できます(図1、図2)。

図1 @Planでの分析結果例(到着遅延)
図2 @Planでの分析結果例(遅延の相関)

3.用途

次期ダイヤ改正における検討箇所の洗い出し、ダイヤ改正後の効果、検証など、輸送計画担当者の業務を支援します。

4.@PlanのGUI(起動画面)

GUI画面上での簡単な操作で分析ができます(図3)。

  • 計画ダイヤ、分析機能を選択します。
  • 分析期間、天候、曜日、時間帯、線路、列車、駅などのオプションを指定します。

図3 システム起動画面

5.分析例①:対象列車の運行状況

列車、駅等を指定することによって、該当する列車の着遅延、発遅延の状況を頻度グラフとして出力します。遅延の発生状況と収束状況を確認することができます(図4)。

図4 対象列車の遅延状況

6.分析例②:2つの列車の相互関係

連続して発車する列車の相互の関係など、複数の列車の運行状況の関係を分析することができます。

  • 先発列車の出発遅延が原因で、後続列車が遅延していると推測できます(図5)。
  • 0~40秒程度、遅延が増加する傾向が見られます。

図5 先発列車と後続列車の遅延における相互関係

参考文献

  1. 武内陽子、泉利幸、富井規雄:列車運行実績分析システム@Planの作成とその試用例、第43回鉄道サイバネ・シンポジウム、2006
PAGE TOP